製品紹介

GINGA Birth/臨床検査システム

【対象施設】小規模から大規模まで

GINGA Birth

フレキシブルに対応する臨床検査システムです。正確な検査情報を自動承認、自動出力など、報告書にまとめたり、病院情報システムへ自動送信など、高度な機能で検査の自動化を強力にバックアップします。

主な機能

トレーサビリティ

Birthの基本コンセプトは電子カルテ3原則の尊守(真正性・見読性・保存性)※

データの長期保存はもちろん、「いつ、誰が、何を、どうした」といった操作ログも管理し、検査データの正確性を担保します。

※平成21年3月厚生労働省発表「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」を指します。

▼操作ログ(端末ベース)
画面イメージ
▼操作ログ(システムベース)
画面イメージ

ロングワランティ

最大14年保障。保守契約によりシステムを最新に保つ為のアップデートを行います。

※期間中ハードウェアの入れ替えが必須となります。

アシストアラーム

検査職員間の情報共有・マスタ変更情報・精度管理・各種アラート(パニック判定/サーバー異常/カルテ通信エラー/分析装置通信エラー/プリンタエラー)までカバー

▼トップメニュー
画面イメージ
▼掲示板
画面イメージ
▼マスタ変更
画面イメージ

(精度管理エラー発生時)

「精度管理エラー」が点滅します。

▼精度管理エラー発生時のメニュー
画面イメージ
▼精度管理
画面イメージ

(パニック報告発生時)

「パニック報告」が点滅します。

▼パニック報告発生時のメニュー
画面イメージ
▼精度管理
画面イメージ

(システムエラー発生時)

「システムエラー」が点滅します。

▼システムエラー発生時のメニュー
画面イメージ
▼システムエラー
画面イメージ

 

その他の機能一覧

進捗監視

検査の進捗を簡単に把握

▼進捗監視
画面イメージ

オンライン集中管理

10台程度の分析装置データを1台のPCで管理

▼オンライン集中管理
画面イメージ

DBミラーリング

検査サーバを冗長化し、無停止で運用継続

重要情報の通知

サーバールーム等に置かれたサーバステータス異常を通報

柔軟なラベルデザイン

オートラベラーが無くても採血指示ラベルを出力したり、カルテ端末の近くに設置したラベルプリンターへの出力制御

シンクライアント

端末側の障害や、データの流出に備え、全てをサーバ側で管理

マスタ世代管理

マスタは期間範囲を設定し、自動で切り替え

▼マスタ世代管理
画面イメージ

データセンターバックアップ

大切な検査データは別の場所にも保管

複数医療機関対応

サテライトの依頼と結果も管理

マイナンバー

複数IDを一括管理

TAT分析

検査の経営管理と、ボトルネックの検証

▼TAT分析
画面イメージ

セキュリティー

ICカードリーダーを利用したアリバイ管理

画像付き報告書

血液像・タンパク分画・遺伝子検査など、画像が付いた報告書 を管理

メディカルシステム株式会社

〒733-0842 広島市西区井口5丁目15-9 MSビル

TEL:082-270-5088 FAX:082-270-5077

↑ページの先頭へ