製品紹介

IRIS(イリス)電子カルテ中継検査システム

【対象施設】クリニックから中規模まで

IRIS(イリス)

電子カルテシステムと院内にある検査装置と接続をしていない医療機関において、簡単な操作で検査装置から出力されたデータを電子カルテシステムに中継することができます。

主な機能

分析データの送信

メーカーや分析装置のタイプごとに検査結果の出力フォーマットが異なる場合でも、分析装置からのデータを、電子カルテ側で検査結果として受け取ることができるようになります。

▼結果一覧
画面イメージ
▼詳細入力
画面イメージ

電子カルテへの送信手順

おおまかな送信手順は下記になります。

  1. 検査結果を確認する分析装置を選択。
  2. 表示された検査結果から、行を選択し、ダブルクリックまたはEnterキーを押して「詳細入力画面」を表示。
  3. コメント入力(必要時)。※マスターに登録することで、結果コメントを選択入力可能。
  4. HIS-NO、患者IDを入力。
  5. 電子カルテへ送信。※送信が完了すると、結果一覧画面に↑マークが表示されます。

「IRIS」 と「臨床検査システム」との機能比較

主な対象施設は、電子カルテへの検査結果入力に苦労されているクリニックや検査技師のいない有床診療所、分析装置との連携がネックとなり電子カルテの導入をためらっている医療機関などが該当します。

▼IRISと臨床検査システムの機能比較

メディカルシステム株式会社

〒733-0842 広島市西区井口5丁目15-9 MSビル

TEL:082-270-5088 FAX:082-270-5077

↑ページの先頭へ