製品紹介

WebPath/病理検査業務支援システム

【対象施設】小規模から大規模まで

WebPath

病院情報システム(電子カルテやオーダリング)と接続し、検査依頼、情報の受信・登録、画像を含む診断結果の返信を行います。

※WebPathは、正晃テック株式会社製品となります。

病理検査業務支援のための診断・画像情報の一元管理

標本情報の入力(受付・切出し・診断)、画像情報の登録(依頼書スキャン画像・マクロデジタルカメラ画像・ミクロデジタルカメラ画像)、診断報告書作成など、病理部門の現場で発生する情報の一元管理をトータルにサポートします。

入力データの有効活用

入力された受付・診断情報、登録された画像情報などは、ラベル発行・検索・台帳・統計などの機能によって、有効利用することができます。また、同一患者の過去標本(既往歴)の参照が容易に行えるなど、診断の補助となる機能も充実しています。

柔軟なシステム連携接続を実現

病院情報システム(電子カルテシステムやオーダリングシステム)・医事会計システム・臨床検査情報システム(LIS)などと連携接続(オプション)を実現しています。また、病理部門において必要となる、スライド印字機、カセット印字機、免疫染色装置、デジタルスライドシステムなどとの連携接続(オプション)についても、柔軟に対応致します。

画期的なローコストオペレーションを実現

Web技術を利用したシステムであるため、クライアントパソコンにはWebブラウザがあれば本システムの利用が可能です。そのため、初期導入コストや利用するクライアントパソコンの増加に伴う拡張コストが抑制できます。※Webブラウザは指定ブラウザの設定が必要

主な機能

受付

受付情報の修正・追加を行います。切出し後のブロック数の入力を一覧画面より登録可能です。

▼受付画面
画面イメージ

診断

画像参照しながら診断、ログインユーザごとに所見登録および追加登録が可能です。豊富な診断マスタを利用することにより、入力操作の効率化を実現します。

▼診断画面
画面イメージ

切出し

依頼書(シェーマ図)のスキャナ取り込み・参照、顕微鏡画像、切出し画像の登録・加工・参照も可能です。これらの画像は、標本情報と関連付けして登録されるため、診断時の画像参照、学会・カンファレンス・研究・教育等の二次利用の際、瞬時に検索できます。また登録画像のファイル出力機能により市販の画像加工ソフトウェアでの二次利用も可能です。

▼切出し画面
画面イメージ

ラベル

検索によりラベル一覧を表示し、印字位置の指定を行うことによりラベルの無駄をなくします。
また、オプションでカセット印字機、スライド印字機等の機器との連携も可能です。

▼ラベル一覧画面
画面イメージ

結果照会

診断結果の参照、画像の参照および拡大表示が可能です。
また、診断結果Web参照機能にて、画像を含む診断結果を臨床・医局などに公開することが可能です。

▼結果紹介画面
画面イメージ

システム構成例

システム構成例

システム要件

サーバシステム

OS:Windows Server 2016 Standard 以上

DB:SQL Server 2016 以上

CPU:Xeon 4CORE 以上

メモリ:16GB以上

HDD:SAS 1.0TB(RAID5)以上

モニタ:解像度SXGA(1280×1024)以上

クライアントシステム

OS:Windows 10 以上

CPU:Core i5  以上

メモリ:8GB 以上

HDD:100GB 以上

モニタ:解像度SXGA(1280×1024)以上

ソフトウェア:Mozilla Firefox Portable Edition および Microsoft Office 2016

 

メディカルシステム株式会社

〒733-0842 広島市西区井口5丁目15-9 MSビル

TEL:082-270-5088 FAX:082-270-5077

↑ページの先頭へ